【ダイエット】痩せるなら筋トレ?有酸素運動?

たか
ダイエットするなら有酸素運動と筋トレではどっちがいいんだろう??

 

本記事ではこう言った悩みに答えていきます。

 

 

本記事の内容

1.ダイエットするなら筋トレと有酸素運動どっちがいいの??

2.筋トレのメリット・デメリット

3.有酸素運動のメリット・デメリット

4とりあえず筋トレから始めよう

 

 

 

 

ダイエットするなら筋トレと有酸素運動どっちがいいの?

結論、筋トレが効率よく痩せれますよ。

 

理由としては筋肉量を増加させることによって基礎代謝がよくなり、痩せやすい体を手に入れることができるからです。

 

 

基礎代謝とは呼吸したり、心臓を動かしたりなど、生命を維持するために必要とするエネルギーのことです!基礎代謝は寝てても消費していくエネルギーなので基礎代謝を上げることで効率的に・健康的に痩せることができます。

 

 

 

では有酸素運動をするのは良くないの??

という疑問が浮かぶかもしれませんが有酸素が悪いといわけではありません!

有酸素運動は基本的に脂肪を落とすことに特化しているので全く痩せないということはありません。

 

 

 

筋トレのメリット・デメリット

 

筋トレのメリット

ここにタイトル
1.基礎代謝量が増加する・太りにくい体になる

2.引き締まった体になる

3.脳の活性化

1.基礎代謝量が増加・太りにくい体になる

結論でも述べましたが基礎代謝量が増加します。それにより一日の代謝量(使われるエネルギー量)が上がることで痩せやすい体が出来上がるということです。

 

 

2.引き締まった体になる

皆さんご想像通りですが、程よく筋肉がついた体の方がカッコ良くて良いですよね。

筋肉ついていた方がポイントアップに繋がります。

 

 

3.脳の活性化

脳が活性化されます。テストステロンという男性ホルモンが関係しています。テストステロンは主に筋肉を作ったり、骨格作ったりという働きがメインで取り上げられますがそれだけではなく、『本能』のエネルギー源としても重要なホルモンなのです。

 

テストステロン=男性ホルモンという印象ですが、女性にもテストステロンは存在しています。男性の方が割合が多いだけの違いです。

 

男性にも女性にも共通するテストステロンの作用というのは

決断力・判断力・さらにリスクを取るという行動に繋がっている

という作用もあります。痩せるだけではなくこう言ったメリットもあります。

 

筋トレのデメリット

  1. 筋肉はすぐつかない・継続できない
筋肉はすぐにはつかない

1.筋肉はすぐつかない

デメリットといえば速攻性がなということですね!!

期間的にいうと3〜6ヶ月ほどかなと。

 

コツコツ毎日の努力が必要になります。筋トレ毎日????

そう思うかもしれませんが継続すには毎日することをオススメします。

 

 

3.有酸素運動のメリット・デメリット

有酸素運動のメリット

1.脂肪燃焼効果絶大

2.心肺機能の向上

3.血圧が安定する

 

1.脂肪燃焼効果絶大

脂肪を燃焼させる際に大事な要素として酸素が挙げられます。

それに、有酸素運動の主なエネルギー源は脂肪であるので脂肪燃焼効果として有酸素運動はオススメです。

 

簡単にメカニズムを説明しますが、

有酸素運動をする

⬇️

脳が脂肪を分解してエネルギーを作りなさい!!と命令を出す。

⬇️

脳内のノルアドレナリン、アドレナリンが分泌されて脂肪分解酵素の『リパーゼ』が活性化される

⬇️

脂肪が脂肪酸とグリセロールに分解されて、分解された脂肪酸がエネルギーとして供給される

 

みたいな流れです!!

 

 

2.心肺機能向上

有酸素運動を行うことにより。心肺機能が向上します。それにより疲れにくい体になること間違いなしです。

疲れやすいな〜と思っている方は毎朝ウォーキング、軽めのランニングをすることをオススメします。

 

3.血圧が安定する

血圧が高い方にオススメします。

 

有酸素運動を行うことで全身の血流量が増加します。そうすることで血圧は上がります!

そこで身体は女性ホルモンである『エストロゲン』を活性化させます。

 

このエストロゲンが血管拡張作用があるため結果的に血圧が下がって行きます。

これを繰り返すことで相対的に血圧は正常になり。心筋梗塞や脳梗塞等の致死的な疾患にかかるリスクが軽減します。

 

有酸素運動のデメリット

1.リバウンドしやすい

2.筋トレ以上の食事管理が必要

 

1.リバウンドしやすい

有酸素運動は脂肪燃焼効果は絶大で、やればすぐに結果が出ますが筋肉量はそこまで多くならないので基礎代謝量が上がらず筋トレよりリバウンドしやすい体になってしまいます。

 

2.筋トレ以上の食事制限

これは筋トレでも同様のことが言えるのですが、有酸素運動は脂肪のみの燃焼であるので糖質をある程度制限しておかなければ痩せない・痩せにくいなどの問題が発生するので筋トレよりは有酸素の方が食事管理をしないといけません。

 

 

 

4.とりあえず筋トレから始めよう

痩せるなら筋トレがオススメです。有酸素も悪くはないのですが筋トレの方がメリットは大きいし痩せにくい体が出来上がります。

 

僕も毎日筋トレをしています。週2〜3回はジムに行って自己研鑽しています。

筋トレは継続さえすれば必ず結果が出るという素晴らしいものですので是非これからダイエットしようという人は筋トレをやってみてください。

 

ぜひシェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です